1979年次稲門会(昭和54年卒)(54ら会) 2016年春季早慶戦観戦会 | 早稲田大学 校友会
HOME / 投稿イベント / 1979年次稲門会(昭和54年卒)(54ら会) 2016年春季早慶戦観戦会

未分類

1979年次稲門会(昭和54年卒)(54ら会) 2016年春季早慶戦観戦会

2016年7月26日

 2016年5月28日、われら54ら会精鋭14名が気合充分の状態で、1塁側のファミリーシートボックス席3カ所を占有し、今回で4回目となる早慶戦ボックス席観戦会を実施しました。 今期早稲田は前回覇者の勢いは去り、次々とライバル校に勝ち点を献上。一方ライバル慶應も不振を極め、早慶戦は5位回避決定戦。しかし早慶戦は早慶戦です。定時総会を前にして、「こういうときこそ母校を応援するぞ!」と集結した54らの心意気が発揮されました。
ファミリーシート、今回も「席取挺身隊」が結成されています。今年も藤瀬隊長以下、気合充分の4名が前日の12時および当日の午前7時半に並び、先頭列の早大内1番から4番を独占した次第です。

e1f99a1392f457a589af2265a4f8d6d4

 さて、午前11時になって中心メンバーがそろいました。今回のドレスコードは春季54ら第一正装⇒54らTシャツand/or黄色いピブス。
「OB・OGが飲んで騒ぐほど早稲田の勝利は近づく。」
試合を前にして乾杯そして乾杯。一塁側応援席の中でもひときわ目立つ黄色い軍団こそ54らの13人衆。 

1612324839b4b300c6b540b8c30776cd

 満員でごったがえす一塁側応援席付近の通路を歩く人々から、「あ、ここいいな。」などなど、羨望の視線注目を浴びるわれら。酒類、料理が各ボックスのテーブルを埋め尽くし、1人が到着すると「カンパーイ!」とやっているものですから、早慶賛歌が始まる12時はあっという間に来ました。
 試合については派手な打撃戦となりどちらかの応援席がしょっちゅう『紺碧の空』か『若き血』を歌っているという展開でした。しかし『若き血』の演奏回数が上回り、残念ながら慶應の勝利となりました。
 敗因はいくつかあるでしょうが、昨年の春の灼熱状態と異なり気温が暑過ぎず寒過ぎずだったため、54らのアルコール消費量が通常の域を超えず理性が残っていたことが挙げられます。この反省にたち、秋の早慶戦では飲みの絶対量確保を目指す所存です。
 母校野球部と華麗な応援指導を展開した応援部に対して、何十回目かの「カンパーイ」をした後で、勝っても負けても楽しい早慶戦を観戦できる喜びと幸福を改めて実感したわれら54ら13名でした。

a467837c92d4f3819bd073efa20a506b

なお母校は翌日の第2回戦、翌々日の第3回戦を制し、慶應から見事勝ち点を挙げました。われわれの想いが天に通じたといえましょう。
フレーフレー 早稲田! フレーフレー54ら!
(村山豊記)

お問い合わせ先:54ra@kemi.jp
ウェブサイト:http://54waseda.blog83.fc2.com/

ページのTOPへ戻る
早稲田川柳
早稲田大学演奏旅行

ワセメシ巡り

早稲田大学近辺のグルメ情報!

図書カードプレゼント

早稲田ヘルススタディキャンペーン

今なら図書カードもらえます!

見て楽しむ校友会
動画ライブラリー

校友会に関するさまざまな映像が見られます

よく使われるページ

  • 住所などの変更手続き
  • 各種証明書の発行
  • 早稲田カード
  • MyWasedaを使う
  • 校友会費ご納入方法

ツイッター上での話題