1979年次稲門会(54ら会):初のオンライン・ミニコンサート&懇親会(「校歌」「紺碧」「栄光」付)開催 | 早稲田大学 校友会
HOME / 投稿イベント / 1979年次稲門会(54ら会):初のオンライン・ミニコンサート&懇親会(「校歌」「紺碧」「栄光」付)開催

未分類

1979年次稲門会(54ら会):初のオンライン・ミニコンサート&懇親会(「校歌」「紺碧」「栄光」付)開催

2021年10月11日

1979年次稲門会(54ら会)
初のオンライン・ミニコンサート&懇親会(「校歌」「紺碧」「栄光」付)開催

2021年9月25日20時から、オンライン・ミニコンサートを開催しました。スイス、ドイツ、カンボジア、沖縄など全国全世界から仲間62人が参集しました。
司会進行は、TVで活躍中のフリーアナウンサー向坂真弓さんです。
全世界に星の数ほど稲門会はありますが、メンバーのリモート合唱・合奏をオンラインで実施した例は初めての試みでしょう。

■第一ステージ
オープニングは『そして紺碧の空』ダイジェスト。今回のコンサートのきっかけになった曲です。続いて混声合唱グループ「『TKB54シンガーズ』がリモート合唱で校歌を披露。さらに絆を歌う『糸』、『花は咲く』を続いて演奏。締めは『早稲田の栄光』。曲の合間には向坂アナの名調子が心地よく流れ、画面には次々とチャットのコメントに華が咲くのはZoomならではのライブ感でした。
続いて、桜井会長の音頭で乾杯し、ブレイクアウトルームで懇親となりました。

■第二ステージ。
世界3極バンドのリモート合奏で『紺碧の空』『情熱大陸のテーマ』。
続いてTKB54シンガーズによる、早慶レガッタの情景を唄う『花』、皆を元気づける『上を向いて歩こう』そして『紺碧の空』で締めました。

アンコールで『糸』『早稲田の栄光』を再演奏。最後は再度校歌『都の西北』(エール付)。ほぼ全員が画面の前に起立して歌い、「フレフレワセダ」「フレフレ54ら」を声高らかに唱和。

参加者の感想や終了直後に実施されたアンケートでは、
「次回もぜひ参加したい」92%でした。
コメントは以下のようなものがありました。
●不覚にも涙が出た」
●早稲田はつくづくグレイトな大学だ」
●早稲田に入って本当に良かった」

文責者:村山 豊(法)

【参加者】(敬称略・順不同)
益田聡 中村敏昭 広渡紀子 篠原泰司 宮田晶子 仁多玲子 露木肇子 福島碧 馬場宏 岡野勝 吉岡真理子 小林章子 櫻井直子 藤瀬敏彦 前田育子 石川範行 日比野悦久 本多早苗 小野塚義夫 向坂まゆみ 茂原淳一 種村隆久 鈴木正明 梶田あずさ 馬場滋 馬場誠 長坂裕 番平 高山貞子 山口博 系野努 福田光洋 斎藤悟 高橋薫 野尻直樹 早河智春 入倉隆 中嶋則夫 谷口久光 塙宏美 田中泉 篠崎行良 山田裕史 益田あけみ 吉田育功 真壁治 木下勝博 橋本裕幸 関弘行 縣公一朗 醍醐裕治 村富洋一 木間正之 山岸信雄 北畠雅敏 杉山瑠美 矢部明良 谷川 今野玲子 伊井博 白石幸一郎 栗原正史 高橋正明 廣田崇行 首藤典子 佐々木豊 中野浩一 三浦悟 田中泉 老久保敦 村山豊

お問い合わせ先
ymurayama2@gmail.com
ウェブサイト
http://54waseda.blog83.fc2.com/

ページのTOPへ戻る
卒業生66万人、在学生5万人向けオンラインサービス 卒業生と連携した海外赴任・留学前コンサルテーションを開始
オープンカレッジ
早稲田川柳
早稲田大学演奏旅行

ワセメシ巡り

早稲田大学近辺のグルメ情報!

図書カードプレゼント

早稲田ヘルススタディキャンペーン

今なら図書カードもらえます!

見て楽しむ校友会
動画ライブラリー

校友会に関するさまざまな映像が見られます

よく使われるページ

  • 住所などの変更手続き
  • 各種証明書の発行
  • 早稲田カード
  • MyWasedaを使う
  • 校友会費ご納入方法

ツイッター上での話題