「卒業後10年、30代だった自分へ」 | 早稲田大学 校友会
HOME / 楽しむ / 「卒業後10年、30代だった自分へ」

卒業10年特別記念サイト

特別記念サイトTOP

卒業10年特別記念サイト

Message

先輩校友は30代をこう振り返る

「卒業後10年、30代だった自分へ」

これまでどれだけのことを成し遂げたのか。この先どんな道を進むべきか。
30代のあなたは、あらゆることに悩んでいるのではないでしょうか。
ここでは、40~50代の校友が30代の自分に向けたメッセージを紹介。
人生の先輩たちが赤裸々に発する言葉の数々は、励みとなり、刺激にもなるはずです。

アップダウンが激しいジェットコースターのような人生をよく乗りきりました。

1994年卒 人間科学部 女性

忙しくて何も考えられなかったね

1992年卒 教育学部 男性

運が良かった。もし恵まれ過ぎた環境に浸かっていたらそのままズルズルと過ごしていたところだった。

1982年卒 法学部 男性

好きなことをやっていた自分が、今はうらやましいけれど、今は今で家庭を持ち幸せに生きているから、そのまんまの自分をどうぞ貫いて!

2016年卒 人間科学部(通信教育課程) 女性

まだまだやれるはず。頑張れ!

2008年卒 大学院ファイナンス研究科 男性

健康で暮らす基礎を作るべし!

2012年卒 大学院教職研究科 女性

規則正しい生活(早寝早起き、時間に対する厳格さなども含めて)を持てば今よりもっと成功できていたはず!

2016年卒 大学院スポーツ科学研究科 男性

現状に満足せず日々チャレンジせよ

1986年卒 理工学部 男性

勉強不足に気が付けばよかった。まさに井の中の蛙

2011年卒 大学院スポーツ科学研究科 男性

もっとチャレンジすれば良かったのにねぇ。

1984年卒 社会科学部 男性

決断は時に大切です。

2009年卒 大学院人間科学研究科 女性

人生まだまだ長い! 絶望せず、未来を切り開け! 結果、転職して成功したが、もっと早く行動を起こしていれば、別の人生があったかも…。

1975年卒 理工学部 男性

よくやっていた

2004年卒 大学院教育学研究科 男性

精一杯やっていたので、悔いはなし

1998年卒 政治経済学部 男性

子育てと仕事、よく頑張ったね。

1990年卒 大学院理工学研究科 女性

仕事が多かったが、時々仕事が終わった後の同僚との飲み会で交流を深め、非常に楽しかった。これがあったから、苦しいときも仲間に助けられ、救われたと思う。

2014年卒 人間科学部(通信教育課程) 女性

3時間睡眠で子育てと仕事に無我夢中。よく頑張ったね。

1987年卒 教育学部 女性

いつももがいていた。時に立ち止まって、周囲を見渡しながらじっくり考えてみることもいいのでは?

1886年卒 政治経済学部 男性

周りに流されず、自分で考えろ! そして自分に正直に、やりたいことをやれ。

1997年卒 第一文学部 男性

何事にも中途半端だった。

2004年卒 大学院文学研究科 男性

残業残業の毎日だけど、健康には気を付けて。

1992年卒 大学院理工学研究科 男性

周りに流されず、目標を高く持つ(べきだった)

2013年卒 大学院人間科学研究科 女性

会社人間だった

1982年卒 政治経済学部 男性

その頃の自分があって今の自分がある。

1995年卒 商学部 男性

まだ遅くない。

1990年卒 商学部 男性

仕事に注力しすぎ、プライベートを犠牲にしていた。

1986年卒 理工学部 男性

目の前の仕事と職場関係の酒の付き合いで、時間的にパンパンだった私。だから電車の中や朝御飯を食べながらでも勉強をしていたけど、あの頃付き合いを断ってもっと勉強できていたら

2012年卒 大学院ファイナンス研究科 女性

平日は仕事、週末はだらっと過ごしていたので、もっと趣味やスキルの向上、交友関係を広げたり、恋人を作ったりしていたら、充実した時間になったかも。

2001年卒 法学部 男性

政治に対してもっと関心を持つべきだった

1993年卒 第二文学部 女性

「今」を生きていたあの頃が懐かしいような。でももう少し自分に投資しておけば良かったかな。

1982年卒 教育学部 女性

その後も頑張ってるよ。

1992年卒 法学部 男性

仕事以外にも楽しいことは沢山あるぞ。仕事に頼り過ぎるな。若い時にしか出来ないことにもっと目を向けよう。

1990年卒 教育学部 男性

もっと視野を広げて、色々な所に出向いて交流しなさい! 多くの人との出会いを大切に!

1995年卒 教育学部 女性

苦手でも興味があることはかじってみた方が良い。うまくできなくても良い。こだわりなく、いろいろな人と接して考え方や生き方の違いを感じ楽しみなさい。

1988年卒 理工学部 男性

がんばれ

2007年卒 大学院ファイナンス研究科 男性

あの決断があったからこそ今がある

2008年卒 第二文学部 女性

まだ若いよ!

1995年卒 第一文学部 女性

仕事一筋で会社に魂を売った様な人間だった。

1980年卒 教育学部 男性

30代前半ぐらいまでにその先のキャリアの戦略を明確にもっていないと、その先、選択肢がどんどん狭まっていくことを理解すべき。

1997年卒 理工学部 男性

チャレンジし続けてください

2015年卒 大学院商学研究科 男性

健康診断の結果をちゃんと見ろ。

1994年卒 理工学部 男性

リスクを恐れないで!

1997年卒 商学部 男性

そのまま、真っ直ぐ、自分の思う道を進んで欲しい。

1996年卒 人間科学部 女性

仕事はよくやっていたが、もう少し人間的に磨く努力をすべきだった。

1991年卒 大学院理工学研究科 男性

いろいろあったけど、よく頑張っていたね。

1989年卒 教育学部 女性

定期的な運動を

1990年卒 政治経済学部 女性

今の自分からみると、まるきり世間知らずな若者だよ。いっぱしの仕事しているつもりだったでしょ。けど、お金と時間をつかって、睡眠時間を削って、大学院に行って勉強しておいて、よかったね。無茶なくらい頑張れたことが自信につながる。何かあったって、動じない。

2003年卒 大学院社会科学研究科 女性

あと10年経つと太るよ。

1987年卒 政治経済学部 男性

結婚を真剣に考えるべきだった

2001年卒 第二文学部 女性

OK! これからも波はあるが、そのままで大丈夫。自信を持って突き進め!

1987年卒 政治経済学部 男性

お疲れ様!

2016年卒 大学院スポーツ科学研究科 男性

最高に楽しかったね。

2008年卒 人間科学部(通信教育課程) 女性

得意の絶頂期にあることに安穏とせず、自分や会社を批判的視点で見ることを避けず、勉強を欠かしてはだめだ。

1987年卒 第一文学部 男性

よくやってたね。

1996年卒 大学院理工学研究科 男性

ながされるな

2015年卒 人間科学部(通信教育課程) 男性

残業代を貯金しろ! そんなに仕事ばかりするな!

1984年卒 第一文学部 男性

良く頑張っているよ。

2009年卒 大学院日本語教育研究科 女性

もっと遊べ!

1993年卒 人間科学部 男性

子供を産むなら30代前半のほうが楽だよ。

2006年卒 第二文学部 女性

記録を残せ

2002年卒 理工学部 男性

バブルの絶頂期の割には、地味だったな

1983年卒 大学院理工学研究科 男性

奨学金をとって留学目指せ!

1991年卒 文学部 女性

あの時の考え方は間違っていなかった。

1981年卒 商学部 男性

子育て肩ひじはるな

1992年卒 法学部 女性

第一子の成長の記録をもっと詳しく取っておくべきだった。

1987年卒 教育学部 男性

もっと勉強しろ

2000年卒 大学院人間科学研究科 男性

もう少し柔軟に。

1996年卒 第一文学部 女性

会社を退職して、育児に専念したことは正解だったよ! と言いたいです。子育てを通して、世界を見る目が広くなったからこそ、その後、様々な経験ができました。アラフィフ世代になった今の自分のことは、会社員時代の自分には、全く想像できなかったはず。子どもたちにコーラスで歌をプレゼントしたり、親子イベントで歌や工作を指導したり、本を出版したり、作詞家デビューしたり、リコーダーアンサンブルでボランティアコンサートをしたり、絵本読み聞かせボランティアをやったり、博物館で働いたりしている、今の充実した生活は、あの時、思い切って会社を退職して、育児に専念する! と決意したからこそ、かなったこと。

1992年卒 第一文学部 女性

何やってるんだ、しっかりしろよ!

2014年卒 人間科学部(通信教育課程) 男性

あれで良いのだ。

1999年卒 大学院商学研究科 男性

いまやっていることが、きっと花と咲くぞ。

2003年卒 大学院アジア太平洋研究科 男性

腰抜け

1997年卒 大学院理工学研究科 男性

計画的に生きろ

2004年卒 大学院人間科学研究科 女性

楽しいというだけで、仕事に没頭しすぎても、人生の肥やしにはなりません

2012年卒 人間科学部 女性

小さい子供を2人育てながら、独立して仕事を立ち上げたバイタリティは、褒めてあげたい。

1998年卒 大学院文学研究科 女性

人生は一度きり。失敗する方が何もしないよりはまし。

1987年卒 法学部 男性

結婚を早くしなさい

2014年卒 大学院人間科学研究科 女性

就職氷河期で就職に躓いたけどなんとかかんとか就職できてよかったよな。就職先はワンマン社長のザ・中小企業で、ドラマのようなビジネスをすることはできていないけど、臆せず踏み出していけばきっと道は開けるぜ

2000年卒 第二文学部 男性

起業したのが32歳の時だったので、ちょうど無我夢中の時。もう少し会社の規模を大きくしておいてもよかったかなという点と、最初にこれだと思った家を買っておいたほうがよかったかなと思う。(結局買わなかった)それと、人間ドッグに行きなさいと言いたい。

2015年卒 大学院人間科学研究科 女性

適度な運動をしておけ。

1984年卒 教育学部 男性

英語、使わなきゃいけない時が来る。止めるな!

1992年卒 教育学部 男性

人生は1回だった。しかし、その時の判断は、その時で精一杯だったんでしょう。でも、繰り返しますが、人生1回。過去は変えられませんが、未来は変える事ができると皆が言っています。反省はしても後悔はしない! 頑張りましょう。

1986年卒 社会科学部 女性

今の努力は報われる日が来るので頑張って!

1996年卒 理工学部 男性

挑戦するなら30代のうちに。

2014年卒 大学院日本語教育研究科 女性

一生続ける仕事じゃなければ、あまり没頭せず、次のステップを考えよう。

1994年卒 第一文学部 男性

本を読め

2012年卒 大学院ファイナンス研究科 女性

よく耐えた。よくやった。でも、もう一歩前へ。

1982年卒 社会科学部 男性

偉い

1986年卒 商学部 男性

子育てと仕事を両立し、母として、社会人として、よく頑張った!あの頑張りがあったからこそ、今がある。

2009年卒 人間科学部(通信教育課程) 女性

いい人生を送れていますよ。

1996年卒 人間科学部 女性

10年後の自分の人生はそう悪くない。

1999年卒 大学院教育学研究科 女性

ガンバ

1987年卒 理工学部 男性

健康管理に気をつけて欲しい。

1985年卒 法学部 男性

もっと恋愛をしなさい!

2006年卒 第二文学部 女性

健康、仕事環境、上司や同僚、友人、恋人など、当然いつもそこにあるものと思っているものはけして当たり前にそこにあるわけではないので、大切なものを見極めて大切にすること。目の前の仕事や挑戦に没頭できる環境や、周囲の人がくれる支えをしっかりと認識しておくこと。

1994年卒 第一文学部 女性

もっと家事育児に真正面から取り組もう。親を大切にしよう。いずれも、家族との時間はすぐに過ぎてしまい、返ってこない。

1985年卒 法学部 女性

一人の女性に夢中になり過ぎた。結婚する約束までしたのに結局、別の男(しかも私の親友)と結婚されてしまった。そうした9年間のドタバタの間に、いろいろなチャンスを逃した。もっと柔軟に生きるべきだった。しかし、結果論でしかないようにも思う。今さら、一言となると、「お疲れ様」としか言えない。

1995年卒 人間科学部 男性

苦しみが糧となる、がんばれ

2013年卒 大学院法学研究科 男性


メッセージはここまでだが人生は続く…


▼ メッセージをもっと見る ▼




その他のコンテンツ


ページのTOPへ戻る