シジンノチ -詩人の血ー | 早稲田大学 校友会
HOME / 知る / シジンノチ -詩人の血ー

シジンノチ -詩人の血ー

現代という時代の雰囲気を濃厚に漂わせる
20代から40代の13人の詩人たち。
「早稲田」という限定された時間、場所への思いを
詩に書きおろしてもらった。
 
文月悠光
マーサ・ナカムラ
大崎清夏
萩野なつみ
岡和田 晃
森本孝徳
カニエ・ナハ
鳥居万由実
岸田将幸
小笠原鳥類
奥間埜乃
蜂飼 耳
青木由弥子

いなくなる 大崎清夏

 
スロープの脇で、絵を描こうと思っていた。
結局、一度も描かなかったんだけどね。

女の子たちは秘密を教えてくれた。
男の子たちは音楽を教えてくれた。
姉さんたちは跳びかたを教えてくれた。
大人は機嫌よく働く姿を私に見せた。

秘密と音楽と跳びかたの復習に忙しくて
絵なんか描いてるばあいじゃなかった。

教室の移動の途中で、外階段の踊り場をみつけた。
スロープなんか忘れて、踊り場を愛した。

結局いまは、機嫌よく働いてる。
いなくなった人の中には、思いだせる人と
思いだせない人がいる。

教室の移動の途中で、私たち毎日いなくなってた。
いつでもいなくなれるって知って、嬉しかったんだ。

写真=渡邊聖子

おおさき・さやか/1982年神奈川県生まれ。2005年第一文学部卒業。07年頃より雑誌へ詩の投稿を始め、11年「ユリイカの新人」に選ばれる。13年第2詩集『指差すことができない』で第19回中原中也賞を受賞。著書に詩集『新しい住みか』(青土社)、絵本『うみの いいもの たからもの』(福音館書店)ほか。詩作ワークショップや、海外現代詩の翻訳・紹介活動も行う。

五月 萩野なつみ

 
近く 遠く
鳴るように咲く
白い羽影をつまんで
また放す
まひるのまなうら

眼をふせてわらう だれかの
ふとつぐまれた
唇を濡らすひかりのむこう、

はつなつの銀杏並木の
あおあおとしたはるけさを
なぞりつづけるゆびがある

そこに
なにが書かれていても
いなくても

はぎの・なつみ/1982年千葉県生まれ。2005年人間科学部卒業。在学中は児童文学研究会に所属。10年〜11年『現代詩手帖』に投稿。その後、『Aa』などの詩誌に作品を発表。16年、第1詩集『遠葬』(思潮社)を刊行し、同詩集で第28回歴程新鋭賞を受賞。詩誌『ガーネット』同人 。

毎号特集テーマを変えて、早稲田の今や社会で活躍する校友の姿を伝える、コミュニケーション誌『早稲田学報』。

校友会員の方は定価1,000円×6(隔月刊)=6,000円のところ、校友会費5,000円でご購読いただけます。
校友会員以外の方もご購読いただけます。また、1冊のみのご購入も可能です。

『早稲田学報』購読方法はこちら

ページのTOPへ戻る
早稲田川柳
早稲田大学演奏旅行

ワセメシ巡り

早稲田大学近辺のグルメ情報!

図書カードプレゼント

早稲田ヘルススタディキャンペーン

今なら図書カードもらえます!

見て楽しむ校友会
動画ライブラリー

校友会に関するさまざまな映像が見られます

よく使われるページ

  • 住所などの変更手続き
  • 各種証明書の発行
  • 早稲田カード
  • MyWasedaを使う
  • 校友会費ご納入方法

ツイッター上での話題