遠い日の早稲田の二つの門 | 早稲田大学 校友会
HOME / 知る / ワセダメモリー / 記憶の中の早稲田 / 遠い日の早稲田の二つの門
Vol.13(早稲田学報2013年10月号)
大正12年まであった早稲田の開口部、正門と予科門
遠い日の早稲田の二つの門

絵地図はクリックで拡大します。

藪野 健
やぶの・けん/画家。早稲田大学芸術功労者、栄誉フェロー、名誉教授。府中市美術館館長、日本藝術院会員、一般社団法人二紀会理事。1943年名古屋市生まれ。69年早稲田大学大学院文学研究科美術史修士課程修了、70~71年マドリード・サン・フェルナンド美術学校プロフェソラードで学ぶ。安井賞展佳作賞、二紀展文部大臣賞、日本藝術院賞など受賞。著書に『絵画の着想 描くとはなにか』(中央公論新社)『明治建築の旅 付明治村』(新潮社・共著)ほか、最新作に『早稲田風景 紺碧の空の下に』(中央公論新社)がある。

「記憶の中の早稲田」は『早稲田学報』で連載中です。藪野健先生による文章もお楽しみいただけます。
ページのTOPへ戻る