HOME / 校友会について / 早稲田大学校友会とは

早稲田大学校友会とは

校友の人生を応援し母校支援に貢献する同窓会
早稲田大学校友会のご案内

母校の歩みと思いを共にして120余年。
校友の多様性が早稲田の活力であり、誇りです。
あなたのそばに、いつも早稲田の絆があります。
早稲田精神が結ぶネットワークをぜひご活用ください。

早稲田大学校友会は、早稲田大学の第一回卒業生が出た翌年、1885(明治18)年に発足して以来、日本全国世界各地に組織を広げて活動しています。2010年にはおかげさまで設立125周年を迎え、さらに活動の幅を広げています。

早稲田大学卒業生は大学を卒業すると同時に校友会員となりますので、入会、退会という概念はありません(学部在学生は準会員です)。「校友会規則」では、”会員は、所定の会費を納入するものとする”とされています。 また、”校友会は主として会費を納入した会員に対し、事を行なう”と定められており、特に会費納入者の方へのサービス充実に努めています。

校友会は皆さまのご参加により運営され、校友会を通して、大学の運営にも参画できます。各登録稲門会から、代議員が選出され、最高議決機関・代議員会を開催。中枢を担うのは、同様に校友から選出された幹事の方々。代表幹事、常任幹事らが参加する幹事代表者会ならびに各委員会では、校友会活動について熱い議論が交わされています。皆様も世界に広がる校友ネットワークにぜひご参加ください。

設立 1885(明治18)年12月13日設立 早稲田大学同窓会組織
目的
(校友会規則第1章第2条)
  • (1) 会員相互の親睦を深めること
  • (2) 会員と早稲田大学との密な関係を維持、発展させること
  • (3) 早稲田大学の事業を援助すること
会長 早稲田大学総長
会員資格
正会員
早稲田大学卒業生・教職員校友・推薦校友・早稲田大学名誉博士
準会員
早稲田大学各学部在籍者

※早稲田大学の卒業生は「校友」と呼ばれ卒業と同時に自動的に校友会の正会員となります

会員数 約61万人(逝去者を除く)(2016年4月現在)
参考: 都道府県別正会員数(2016年4月現在)
表彰制度 校友会に特に功労があった会員は、その貢献に感謝の意を表し表彰する
Click here to Download Adobe Reader for free
PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要となります。
Adobe Readerダウンロードページへ

お問い合わせ

早稲田大学校友会事務局
Waseda University Alumni Association
〒169-8050 東京都新宿区戸塚町1-104 早稲田大学大隈会館N棟1F
TEL 03-3202-8040 / FAX 03-3202-8129

ページのTOPへ戻る

公式Facebook

Twitter検索結果