1979年次稲門会(54ら会): 第4回「我が町わが家の味じまん/夏だ!カレー&ピリ辛特集」オンライン開催 | 早稲田大学 校友会
HOME / 投稿イベント / 1979年次稲門会(54ら会): 第4回「我が町わが家の味じまん/夏だ!カレー&ピリ辛特集」オンライン開催

未分類

1979年次稲門会(54ら会): 第4回「我が町わが家の味じまん/夏だ!カレー&ピリ辛特集」オンライン開催

2021年8月11日

1979年次稲門会(54ら会)
第4回「我が町わが家の味じまん/夏だ!カレー&ピリ辛特集」オンライン開催

オンラインで世界各地の54ら仲間がおいしい話で盛り上がる「我が町わが家の味じまん」。今回で4回目となり、7月10日(土)の午後に開催しました。
今回のテーマは、「夏だ!カレー&ピリ辛特集」。

まず、沖縄在住の馬場宏さんが、沖縄の激辛調味料「コーレーグス」を紹介。語源は高麗胡椒(こうらいこしょう)とか。島トウガラシを泡盛に漬けたもので、自家製も多く、沖縄そばなど、地元の食卓には欠かせないとのこと。知らない人も多く、皆さん興味津々の様子でした。
神奈川県平塚市の加藤透さんは、地元の名物カレーパンと激辛ラーメン。神奈川県はカレーパンの名店も多いそうです。また人気店の激辛ラーメンは店内に辛さランキング表があり、激辛マニアを刺激しているようでした。
老久保敦さんは「獄激辛(ごくげきから)体験と辛さを100倍楽しむ方法」。激辛麺の情報だけでなく、辛い物を食べる時の、目からうろこの対処法を伝授してくれました。
そして、櫻井直子さんの早稲田界隈カレー&ピリ辛情報。学生に人気の味から大人の隠れ家的カフェのカレー、タイ料理の名店など、地元ならではのホットな情報が満載。コロナ禍でも頑張っている早稲田の商店街にエールを送りたくなりました。

後半はグラスを傾けながら出席者全員のおしゃべりタイム。ドイツ在住の野尻直紀さんからインド人直伝のカレーの作り方が披露され、そのレシピは終了直後から大人気となりました。

コロナ禍の中で、楽しく新しいイベントを模索して始めたこの企画も、はや1年。日本各地、世界中の54ら仲間が画面の隣同士に笑顔を並べる様子もすっかりおなじみとなりました。次回またどんなおいしい顔に会えるのか、今から楽しみです!

【参加者】(順不同、敬称略)
馬場宏、加藤透、老久保敦、櫻井直子、野尻直紀、田中典子、大津弘子、小林章子、村山豊、仁多玲子、前田由紀、林原亨、広渡紀子

文責者:広渡紀子(商)

お問い合わせ先:ymurayama2@gmail.com
ウェブサイト:http://54waseda.blog83.fc2.com/

ページのTOPへ戻る
卒業生66万人、在学生5万人向けオンラインサービス 卒業生と連携した海外赴任・留学前コンサルテーションを開始
オープンカレッジ
早稲田川柳
早稲田大学演奏旅行

ワセメシ巡り

早稲田大学近辺のグルメ情報!

図書カードプレゼント

早稲田ヘルススタディキャンペーン

今なら図書カードもらえます!

見て楽しむ校友会
動画ライブラリー

校友会に関するさまざまな映像が見られます

よく使われるページ

  • 住所などの変更手続き
  • 各種証明書の発行
  • 早稲田カード
  • MyWasedaを使う
  • 校友会費ご納入方法

ツイッター上での話題