卒業生66万人、在学生5万人向けオンラインサービス卒業生と連携した海外赴任・留学前コンサルテーションを開始 | 早稲田大学 校友会
HOME / お知らせ / 卒業生66万人、在学生5万人向けオンラインサービス
卒業生と連携した海外赴任・留学前コンサルテーションを開始

お知らせ

卒業生66万人、在学生5万人向けオンラインサービス
卒業生と連携した海外赴任・留学前コンサルテーションを開始

2021年7月15日

早稲田大学校友会
早稲田大学

早稲田大学校友会(東京都新宿区、会長:田中愛治)は、早稲田大学の卒業生66万人(2021年度現在)、在学生の5万人を対象として、「海外赴任/留学前コンサルテーション」(以下、サービス)を開始します。

本サービスは、海外赴任や海外留学を控える早稲田大学の卒業生や在学生が、渡航前の段階で、現地の生活事情をはじめとした心配事などの相談を、渡航先に居住する卒業生に対してオンラインで行えるものです。世界で輝く早稲田の卒業生ネットワークを活用して、早稲田大学校友会がハブとなって、アジア、大洋州、北米、中南米、欧州、中東、アフリカ各地にある約70の稲門会(早稲田大学の卒業生組織)の協力を得て実現に至りました。

▼海外赴任/留学前コンサルテーション
http://www.wasedaalumni.jp/consultation/

サービス開始の背景と意図

●海外の稲門会のメンバーは、以前より日本にいる早稲田大学の後輩たちに対して何か力になりたいという強い想いを持っており、今回のコロナ禍でオンラインミーティングの利用が拡大した機会を活かし、本サービスの制度化を進めることとなりました。

●たとえ困難な状況下であっても、海外渡航予定者が新境地での仕事・留学・進学という、新たなことにチャレンジする気持ちを大切にするとともに、必要性を見失ったり、諦めてしまわないよう、支え・励ましとなることを目指します。まさに、「進取の精神」「東西文明の調和」といった早稲田大学の建学の理念を実践した取り組みです。

●本サービスを利用することで、海外渡航予定者が、渡航予定地に居住する稲門会のメンバーと渡航前から密なコミュニケーションをとることで、モチベーションの維持・向上を図り、新しいネットワークを構築する場を実現します。

サービスの特徴と相談の流れ

世界約70(アジア、大洋州、北米、中南米、欧州、中東、アフリカ)に跨る地域に在住の卒業生の協力を得て、海外でのネットワーク構築を支援。

●卒業生有志によるサービスのため、サービスは無料で提供

STEP.1 所定の申込フォームから必要事項を記入のうえ申請する

STEP.2 早稲田大学校友会より現地の稲門会と相談日程の調整を行う

STEP.3 オンライン会議システムを使用して、申請者と現地担当者とを繋ぐ

ユーザビリティを備えたWebデザイン

●20代から40代の卒業生、学生のユーザビリティを考えて、デザインはシンプルかつ操作性の高いものを採用しています。

●WASEDA ALUMNI PRESENT は、組織としての同窓会サービスではなく、卒業生一人一人によるサービスであることを表現しています。

早稲田大学校友会について

 早稲田大学の卒業生の人生を応援し母校・社会に貢献する同窓会です。早稲田の歩みと思いを共にして130余年。早稲田大学校友会は、早稲田大学の第一回卒業生が出た翌年、1885年に発足して以来、日本全国世界各地に組織を拡大しています。また毎年2億円から3億円を、奨学金を中心とする学生支援に寄付しています。

▼早稲田大学校友会
http://www.wasedaalumni.jp/about/aboutus.html

●早稲田の卒業生数:約66万人。

●企業人・経営者、総理大臣、官僚、法曹、芸術家、医療従事者、ジャーナリストそして地域の世話役等、世界中のあらゆる分野で活躍し、多様性に溢れています。

●早稲田大学校友会が把握できている限りでも、稲門会は約1,400団体あり、卒業した学部・研究科、職種、趣味嗜好、地域貢献等、様々なタイプがあります。

●早稲田の卒業生は年齢を問わず「後輩の学生が困っているなら助けたい」という想いを持ち、誰ひとり取り残さない社会の実現のために、困ったときにはすぐに集結し大きな力になるという特徴があります。たとえば、2020年4月より呼びかけを開始した「新型コロナウイルス学生支援金*1」は10日間で1億円超、半年で8億円超とかつてないほどのスピードと広がりがありました。

▼*1 新型コロナウイルス学生支援金
https://kifu.waseda.jp/contribution/w_supporters-covid19
概要:新型コロナウイルス感染症拡大により経済的に困窮した本学学生への支援

支援者からの本サービス開始に向けた期待の声

虫の目、鳥の目、魚の目。アフリカ・ケニアは、その研ぎ澄まされた「目」と、そして行動力が活かされるフィールドです。アフリカ大陸は、中国とインドと北米がすっぽり収まるほどの面積を有します。しかし仕事上では特に、各社限られた人数で、経済を面で捉えつつ、細かい需要を泥臭く拾い、複眼的な分析を求められる日々です。
毎日少しずつ、しかし長期的にはダイナミックに変わっていくアフリカ。このフィールドに挑戦する卒業生の皆さまを、当地にてお待ちしています。

ケニア稲門会(2014年文化構想学部卒)

年中温暖と言われるアメリカ・ロサンゼルスですが、冬はダウンジャケット、夏でも夜は長袖が必須です。「温暖」という言葉からだけでは分からないロサンゼルス生活のこと、どうぞお気軽にロサンゼルス稲門会にお問い合わせください。私たちの当地での生活も、先にこの土地にいらした方々に助けられて始まりました。皆さまの新しい土地でのご出発を応援いたします!

ロサンゼルス稲門会(2004年第二文学部卒)

ベトナム・ホーチミンは物価は安く、治安も良く、おいしい食べ物も豊富な素晴らしい街です。そして、何より多くの稲門会のメンバーが現地で活躍しています。
稲門会メンバー一同、皆さまの来越を心よりお待ちしております。

サイゴン稲門会(2008年法学部卒)

スイス、フランスに在住する早稲田大学卒業生や現地に留学中の早大生の間での親睦を深めています。これからスイスにご留学、ご赴任される皆様にも、ぜひスイスの誇る美味しいチーズやチョコレート、ワイン等を楽しみながら、豊かな自然を満喫していただければと思います。皆様のご連絡をお待ち申し上げております。

ジュネーブ稲門会(1996年政治経済学部卒)

お問合せ先・発信元
早稲田大学総長室校友課/早稲田大学校友会事務局
電話:03-3202-8040 E-mail:alumni@list.waseda.jp

ページのTOPへ戻る
卒業生66万人、在学生5万人向けオンラインサービス 卒業生と連携した海外赴任・留学前コンサルテーションを開始
オープンカレッジ
早稲田川柳
早稲田大学演奏旅行

ワセメシ巡り

早稲田大学近辺のグルメ情報!

図書カードプレゼント

早稲田ヘルススタディキャンペーン

今なら図書カードもらえます!

見て楽しむ校友会
動画ライブラリー

校友会に関するさまざまな映像が見られます

よく使われるページ

  • 住所などの変更手続き
  • 各種証明書の発行
  • 早稲田カード
  • MyWasedaを使う
  • 校友会費ご納入方法

ツイッター上での話題