HOME / 知る / 1163号(2007年6月号)| 早稲田学報

1163号(2007年6月号)| 早稲田学報

早稲田学報1163号(2007年6月号)

特集  未来への人づくり
1163号表紙

創設者である大隈重信は「東西文明の調和」という思想を掲げた。また小野梓は「国民精神の独立は学問の独立に由る」として教育への情熱をかりたてていた。昨今は教育改革が叫ばれ、次世代の教育に早急な対応が迫られている。未来を担う人間をどう育成していくか。教育現場だけでなくさまざまなジャンルでご活躍の校友に語っていただいた。

目次
こころのふるさと 我が母校
巻頭エッセイ
箱根駅伝に思う
渡辺康幸
子どもの将来、日本の将来のために
特集:未来への人づくり
「鎌倉てらこや」活動報告 子供、若者、大人の三世代が共に学ぶ
池田雅之
子どもと図書館
中多泰子
鼎談 教育現場からの直言! 今の教育に望むもの
橋田寿賀子、久保田宏明、依田好照
誰の胸にもステキ蛍
明川哲也
総合的学習の社会的意義を問う
藤井千春
ヒューマン・アニマル・ボンド(HAB)教育
倉田保緒
重大な岐路に立つ日本の教育
藤田英典
命のネットワーク いじめと自殺、フリースクール事情
喜多明人
データで見る教育格差
西原博史
Close Up 人
尾木直樹
わせだ俳人譜
火村卓造
山下一海
伝説の試合”最後の早慶戦”
早稲田の提言 ゲンダイを読む
第7回 脳科学を活かした授業づくり 子どもが生き生きと学ぶために
本田恵子
早稲田大学一貫教育の沿革
2006年度卒業式(式辞)
白井克彦
2007年度入学式(式辞)
白井克彦
わせだ紀聞
中川小十郎先生
矢谷憲一
本と本棚
Waseda Topics
校友会ニュース
提案・仮説・実行・検証・修正の5つが大事
Interview 失敗の瞬間、成功への軌跡
亀井淳
海外事情と稲門会の活動をレポート
校友Abroad─海外校友から
タイ
WASEDA 125NE
vol.5
地域発125フェスティバル
125周年記念 功労者展墓
校友会主催 卒業式前夜祭
2007ホームカミングデー・稲門祭(お知らせ)
東西南北ぶらり旅
豊川市
支部めぐり人めぐり
広島県
Waseda Card Information
新サービス「校友会 WELBOX」のご案内
校友サロンのお知らせ
稲門だより
社会科学部自治会裁判、大学側全面勝訴
編集後記
次号予告、バックナンバー・定期購読お申し込み方法記

ページのTOPへ戻る

公式Facebook

Twitter検索結果