HOME / 知る / 1169号(2008年6月号)| 早稲田学報

1169号(2008年6月号)| 早稲田学報

早稲田学報1169号(2008年6月号)

特集  サイエンスが拓く未来
1169号表紙

2008年、理工学部は創設100周年を迎えた。急激に変化する社会や産業界からのニーズに対応できる機動性と展開性を発揮するため、2007年4月には3つの学部、研究科に生まれ変わった。従来の学部・大学院の枠を超えた「総合理工系大学」の枠組みを特徴としている。このスタイルから早稲田が発信する未来像を探る。

目次
こころのふるさと 我が母校
巻頭エッセイ
私が早稲田に入学した頃
篠田正浩
次世代モデルへの提案
特集:サイエンスが拓く未来
イノベーション大競争時代
滝順一
東京女子医大との連携施設の開設と医工連携
梅津光生
電気化学ナノテクノロジーの創生と展開
逢坂哲彌
座談会 新生・理工が目指すもの
尾島俊夫、足立恒雄、橋本周司、尾崎肇、大場一郎、小山泰正
百聞は実験にしかず「大人の科学」開発裏話
湯本博文
癒しのロボットとセレンディピティ
浜田利満
エネルギー有効利用のための次世代プロセスの開発
山寺順哉
情報技術を融合した将来の日常生活
中島達夫
攻めのセキュリティー
小林偉昭
人体ビジネスがもたらすもの
瀧井宏臣
わせだ俳人譜
平島一郎
山下一海
エンジニア出身の社長が描く夢の会社とは?
Close Up 人
進藤達也
早稲田の提言 ゲンダイを読む
第12回 文字から見える社会
笹原宏之
笹原宏之先生が所属する社会科学部とは?
2007年度卒業式(式辞)
2008年度入学式(式辞)
Waseda Topics
古今東西の文化の潮
早稲田文化
投稿ラウンジ
自分が置かれた状況を引き受け、そこから新たな挑戦を
ウエスト和子
わせだ紀聞
外から見た早稲田
矢谷憲一
本と本棚
白井克彦総長から校友会に感謝状
校友会ニュース
早稲田から世界へ
Special Interview
佐藤琢磨 常に崖っぷち、夢を走る
わせたから
「師古」印―市島春城印章コレクションより
浅井京子
2008年稲門祭・ホームカミングデーのお知らせ
韓国・高麗大学校校友会長が文化財を寄贈
ワセダオンライン(WOL)スタート
Waseda Card Information
早稲田大学校友会WELBOXからのお知らせ
地域発125フェスティバル
ニューオリンズ・ジャズ・クラブ50年 半世紀のOB?現役が相集い、感激の大隈講堂コンサート開催
山口義憲
ようこそ校友会へ! 新たな門出を祝う
第3回卒業式前夜祭
早稲田系図
「都の西北」
上遠野臣司
稲門だより
編集後記
校友サロン、校友電話便利帖
次号予告、バックナンバー・定期購読お申し込み方法

ページのTOPへ戻る
特別企画

早稲田卒業から10年

ビジネスリーダーのアドバイス etc...

ワセメシ巡り

早稲田大学近辺のグルメ情報!

図書カードプレゼント

早稲田ヘルススタディキャンペーン

今なら図書カードもらえます!

見て楽しむ校友会
動画ライブラリー

校友会に関するさまざまな映像が見られます

よく使われるページ

  • 住所などの変更手続き
  • 各種証明書の発行
  • 早稲田カード
  • MyWasedaを使う
  • 校友会費ご納入方法

ツイッター上での話題