HOME / 知る / 1171号(2008年10月号)| 早稲田学報

1171号(2008年10月号)| 早稲田学報

早稲田学報1171号(2008年10月号)

特集  ジャーナリストの志
1171号表紙

建学以来、早稲田大学は「学問の独立」という建学の理念のもと、野にあっても進取の精神で理想を追求する多数の優れた人材を、言論、ジャーナリズムの世界に送り出してきた。先人たちの伝統を受け継ぎ、この時代の大きな転換期に自由な言論の環境を作り出すことは、本学の責務とも言えるのではないだろうか。今号は、言論活動をする校友たちがメッセージを発信する。

目次
こころのふるさと 我が母校
巻頭エッセイ
建学の父母の顕彰と創立125周年
奥島孝康
建学の精神に通じる言論人たち
特集:ジャーナリストの志
私的ジャーナリズム論
鎌田慧
私を変えた取材――ハンセン病報道から学ぶ
薮本雅子
私が紛争地で取材を続けるわけ
及川仁
知ることの喜び、そしてその深みにはまることについて ドキュメンタリーという方法
鎌仲ひとみ
児玉隆也38年の軌跡 大学時代の「子から見た母」入選が原点
秋山久
路上の小宇宙
坂口恭平
社会に新しい展望を開く「言論」の活性化を! 8年目を迎えた石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞
小玉武
わせだ俳人譜
星野恒彦
山下一海
視覚障害者への情報伝達活動を推進
Close Up 人
田中徹二 情報のバリアフリーを求めて
早稲田の提言 ゲンダイを読む
第13回 なぜ、いまジャーナリズム教育か
瀬川至朗
瀬川至朗先生が所属する大学院政治学研究科とは?
Waseda Topics
早稲田文化
本と本棚
100年前、海外遠征に行った父と野球部
投稿ラウンジ
早稲田大学―シカゴ大学100年の野球交流
八幡和三郎
集り散じて
代表幹事交代
校友会ニュース
Special Interview
山根基世 子どもの「ことば」を育てたい!
わせたから
花柳章太郎使用帯
名雲教子、塚田瑞穂
次なる早稲田人にバトンタッチ
早稲田系図
「襷を繋ぐ」
林幸樹
支部めぐり人めぐり
熊本県支部
お帰りなさい! 想い出の母校へ
2008ホームカミングデーのお知らせ
2008稲門祭のお知らせ
卒業生へ新たなキャリア支援
WASEDA-CAREE 稲門人材バンク
お得なサービス提供
早稲田大学校友会WELBOXサービスガイド
Waseda Card Information
稲門だより
編集後記
次号予告、バックナンバー・定期購読お申し込み方法
早稲田大学商議員一覧・校友会代議員一覧

ページのTOPへ戻る

公式Facebook

Twitter検索結果