HOME / 知る / 1158号(2006年8月号)| 早稲田学報

1158号(2006年8月号)| 早稲田学報

早稲田学報1158号(2006年8月号)

特集  世界を翔ける
1158号表紙

建学者・大隈重信は「東西文明の調和」を生涯の命題とした。そして、本学は今、第二世紀宣言として「アジア太平洋地域における知の共創」を掲げ、世界の大学と競争、共生する大学を目指して邁進している。今回の特集でご登場いただく方々はごく一例にすぎないが、地球のあちこちで活躍する向学心旺盛な校友たちの挑戦を知り、その確かな志を感じ取っていただきたい。21世紀がすばらしい地球社会であるために、今日も校友が世界を翔ける―。

目次
こころのふるさと 我が母校
巻頭エッセイ
早稲田スポーツの目指すべきもの
宿澤広朗
「今日も校友が世界を翔ける」
特集:世界を翔ける
異国の風と人間の夢
大沢幸弘
貧困160農家に「光を与える」農業技術指導
森優子
僕がいる場所
那須田淳
オランダで独立をして思うこと
吉良森子
”Feeling the game”
平原勇次
ワーク・ライフ・バランスが浸透する英国
阿部美規子
The town of silence
岡原功祐
新理工系宣言 早稲田が変わる! 理工が進む!
早稲田大学ホームページ刷新/「WASEDA GARDEN」オープン
村井資長元総長を偲んで
白井克彦
手ぶれ補正の閃き、目標はエジソン
Close Up 人
大嶋光昭
稲門仲間集合 仰ぐは同じき理想の光
集り散じて
早稲田の提言 ゲンダイを読む
第2回 国際時代のビジネスに必要なファイナンスの基礎知識
本と本棚
2005年度事業報告および2006年度予算について
2005年度決算および2006年度予算について
Waseda Topics
校友会ニュース
わせだ俳人譜
高浜虚子
山下一海
第10回目の米国キャンプを終えて
應武篤良
早稲田スポーツ 今年の展望と有望新人
早稲田スポーツ新聞会
必死でやることの中からしか、ものは掴めない
Interview 失敗の瞬間、成功への軌跡
南雲弘之
海外稲門会から旬のNEをレポート
校友Abroad─海外校友から
上海編
早大エジプト発掘40年
吉村作治
WasedaSpirit
Musa Mohammed Omeraeed
WASEDA 125NE
2006稲門祭・ホームカミングデーのお知らせ
Waseda Card Infomation
東西南北ぶらり旅
九品仏浄眞寺
早稲田人集まれ! 全国稲門会支部紹介
支部めぐり人めぐり
東京三多摩支部中部ブロック
ドゥリットルの東京初空襲と早稲田
西原敦
稲門だより
編集後記
次号予告、バックナンバー・定期購読お申し込み方法
読者アンケート

ページのTOPへ戻る

公式Facebook

Twitter検索結果